新人2冠期待の阪神佐藤輝に立ちふさがる「死球禍のカベ」

公開日: 更新日:

 ゴールデンウイークに調子を上げてきたのが、阪神の黄金ルーキー・佐藤輝明(近大)だ。

 5月2日の広島戦でプロ初の「4番・三塁」でスタメン出場し、満塁弾を含む5打点をマーク。5日のヤクルト戦でも1安打を放つなど、4月30日以降の4試合は16打数7安打の打率・438、2本塁打、7打点と大当たり。開幕当初は打率1割台に低迷するも、通算打率は・263に上昇。9本塁打はリーグ3位、25打点はリーグトップと、2冠も視野に入ってきた。

 この日は4番の大山が二回に2試合連続となる失策を犯すと、四回の守備から途中交代。背中の張りで登録抹消されることが決まった。キャンプ中盤に腰背部の張りを訴えた影響を懸念する声もあっただけに、佐藤が「4番・三塁」で出場する試合が増えるかもしれない。

 そんな佐藤は今後一つのカベを乗り越える必要がありそうだ。さらなる厳しい内角攻めによる死球禍である。4日のヤクルト戦の八回に、左腕坂本の投球が背中を直撃。プロ初の死球を受けた。その直後の九回に本塁打を放ったものの、調子を上げれば上げるほど、他球団の攻め方は厳しくなるはずだ。ライバル球団の関係者がこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る