大栄翔と御嶽海は好対照 5月場所「大関昇進」レースの行方

公開日: 更新日:

 一方、大栄翔は地道な努力の人。昨年から幕内で頭角を現し、今年1月場所で自身初優勝した。

 御嶽海、大栄翔とも大関の朝乃山正代に勝ち越すなど、上位陣には強い。ある親方は「御嶽海が昇進するなら今年がラストチャンスではないか」と、こう続ける。

「素質はピカイチなのに稽古をしない。本人は今場所に向けて『2ケタしか考えていない』と話していたが、もはや角界でも彼の大関昇進を期待する声は皆無ですよ。“三年先の稽古”をおろそかにしてきたのだから、いつ下降線に突入してもおかしくない。大栄翔はその逆。苦労がようやく実を結び、今後も伸びていく力士です。先場所序盤は気持ちだけが空回りした雑な相撲で4連敗を喫したが、その後は持ち直した。こっちの方が断然期待できますよ」

 とはいえ、御嶽海も優勝2回。忘れた頃にいつの間にか賜杯を掴んでいる。努力家が勝つか、それとも天才肌があざ笑うのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る