“永遠の大関候補”御嶽海に何とか目覚めの吉兆 稽古に開眼

公開日: 更新日:

 永遠の大関候補からの脱却なるか。

 去る6日、御嶽海(27)がネット配信を行う「AbemaTV」の相撲番組に出演。

「やることがないんで稽古しかない。いつも以上にやってますよ。普段とは違うこと? たまにミット打ちをしたりとか。ストレス解消ですね。張り手で? いや、グローブをはめて。俊敏性とか素早さがつくかなと思ってます」と話した。

■ミット打ちは「何の役にも立たない」が…

 ボクシンググローブをはめてのミット打ち、何か相撲に役立つのか。出羽海一門の某親方は「それ自体は何の役にも立たないでしょう」と、こう続ける。

「突っ張りはあくまで重い相手を押すのが目的。威力がなければ相手を押し込めないので、左右の腕を大きく振り回す。それが『回転の速い突っ張り』。ボクシングのパンチとはまるで異なる。俊敏性といっても、相撲はボクシングほど小刻みなフットワークは必要としない。ただ、何か新しいことに取り組むこと自体はプラス。御嶽海は大関候補といわれながら、大の稽古嫌い。これまでも大した稽古をしていないのに、16~19年はほぼ三役を維持し、優勝も2回。ある意味で相撲をなめていたと思う。それが年下の貴景勝(23)に続いて、朝乃山(26)にまで先を越された。ようやく尻に火がついたのだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る