やっと5勝目の朝乃山に大関の威厳なし ケガもないのにナゼ

公開日: 更新日:

 一度、「痛い目」を見ないとわからなそうだ。

 9日目に何とか5勝目(4敗)を挙げた大関朝乃山(27)。阿武咲に押し込まれながら、土俵際で逆転の小手投げという四苦八苦の相撲だった。

 大関は横綱に次ぐ地位。他の力士から一目置かれる存在のはずだが、「内容より目先の白星」といった朝乃山からは威厳も何も感じられない。8日目は21歳の新鋭、豊昇龍の内掛けで背中からずでんどうと土俵に落ちた。

 豊昇龍のみならず、徹底的に相手に差させないよう立ちまわったこの日の阿武咲のように、相手が大関だからといって萎縮する力士は、もはやどこにもいない。

「朝乃山は下位の力士からも『くみしやすし』と思われているフシがある。『ここはひとつ、大関の胸を借りて全力でぶつかっていこう』なんて誰も考えていない。『こいつになら勝てそうだ』と、むしろチャンスだと言わんばかりの相撲内容です。右四つになれないと慌てる癖が抜けきらないから、相手からすれば右の下手さえ防げばいい。立ち合いも遅い。土俵際のうまさで何とかカバーしているだけです」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る