カド番大関・正代お粗末な土俵際…試合に勝って勝負に負け

公開日: 更新日:

 11日、運を味方につけて2勝目を挙げたのが大関正代(29)だ。

 立ち合いから大栄翔のまわしを狙うも取らせてもらえず、突き押しに防戦一方。あっけなく土俵外……と思いきや、起死回生の突き落としだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(09枚)

 ともに体勢が崩れており、後は土俵外に出るだけという状況。正代は徳俵に足が乗っており、大栄翔も一拍間を置いて足が徳俵に。両者左足一本で残った状態から、同時にジャンプしたのだ。

 行司軍配は正代に上がったものの、当然ながら物言い。協議の結果、「大栄翔の体が先に飛んだ」として行司軍配通り、カド番の正代が勝ちを拾った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る