元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

田中碧「世界の高レベルの相手とサッカーできればいい」

公開日: 更新日:

田中碧(22歳・J1川崎/MF)

「正直、今までの人生で一番悔しかった」

 近未来の日本代表主力ボランチと言われる田中碧(川崎)は、3日の”兄弟対決”の苦杯が頭から離れなかった。その悔しさを脳裏に焼き付け、中1日でU-24ガーナ戦(5日=福岡)に挑んだ。

 同試合のラスト15分間同様、今回もオーバーエージ枠の遠藤航(シュツットガルト)と中盤でコンビを組んだが、ドイツ・ブンデスリーガ・デュエル王(1対1の球際勝利数トップ)強度にいち早く適応。ボール奪取への意欲と長短のパスを駆使したつなぎで存在感を発揮し、東京五輪当確と目されるだけの存在感を示した。

「最近は(ピッチを)上から見ている感覚じゃないですけど、どうすればハマるのかっていうイメージがある程度、頭の中で計算できるようになっています」

 3月のU-24アルゼンチン戦(北九州)の3-0勝利の立役者となった田中碧。激しい球際と寄せでボールを奪い、素早く攻撃に転じる一挙手一投足は川崎のレジェンド・中村憲剛(川崎FRO)を彷彿させた。4月以降のJリーグでも圧倒的な運動量とプレー範囲の広さを披露。ダイナミックな動きは2002年日韓W杯で一世を風靡した稲本潤一(相模原)にも重なった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  8. 8

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  9. 9

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る