元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

久保建英「自分は追う立場、ボールを持った時に違いを」

公開日: 更新日:

久保建英(スペイン1部/ヘタフェMF)

 大迫勇也(ブレーメン)の5得点など、実力差のあるミャンマーを10ー0で圧倒し、2022年カタールW杯最終予選進出を決めた日本代表。その蚊帳の外に置かれたのが久保建英(ヘタフェ)だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(15枚)

 10代最後の代表戦で初ゴールへの期待が高まっていたが、森保一監督は5人の交代枠には選ばずじまい。現時点での序列の低さを伺わせた。

「自分は追う立場。他の選手とは違った強みを見せたい」と野心をみなぎらせる若武者に用意されるのは東京五輪の大舞台。まずは6月のガーナ、ジャマイカとの2連戦でインパクトを残すことが、輝かしい20代につながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る