ピクシーは意欲満々だが…日本代表監督就任を阻む懸念材料

公開日: 更新日:

 Jリーグで一時代を築いた男が、欧州屈指のテクニシャン揃いの母国セルビア代表チームを率いてやって来た。J名古屋の司令塔として通算184試合・57得点。指揮官として2010年のJリーグを制したストイコビッチのことである。

 11日に神戸で行われた日本代表(FIFA世界ランク28位)―セルビア代表(同25位)戦は、互いに決定打を欠いたプレーに終始し、ゴールも日本が後半3分、右CKから右MF伊東が右足ボレーで押し込んだシーンだけ。見せ場の少ない<緩い>試合となった。

 そんな中で圧倒的な存在感を示したのが、日本でスターの地位を確立したストイコビッチだ。

 スラッとしたスタイルに端正なマスク。現役時代のニックネームは「ピクシー(妖精)」。さすがに56歳とあって腹回りはデップリし、顎回りの肉もたるんだが、仕立ての良いスーツを着こなし、テクニカルエリアからオーバーアクション気味に指示を送る姿は「現役時代、監督時代ともに日本人女性にモテモテで大変だった」(放送関係者)ことをほうふつとさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る