大谷2球連続ボークに露骨な悪態…審判から“倍返し”の恐れ

公開日: 更新日:

 思わず、塁審を睨みつけた。

 エンゼルスの大谷翔平(26)が日本時間12日のダイヤモンドバックス戦で、2球連続でボークを取られたことが波紋を呼んでいる。多くの米メディアやファンが「ボークではない。審判はひどい」と大谷を擁護する一方、「これまでの大谷の言動にも原因がある」との声も少なくない。

 今季の大谷は審判の判定に不満を見せるケースが目立つ。打者として5月21日のツインズ戦でボール気味の球を立て続けにストライクと取られ、薄ら笑いを浮かべながら首を横に振ると、翌22日のアスレチックス戦では同様の判定に今度は、審判に顔を向けて露骨に悪態をついた。

「たしかにストライクかどうかは疑わしいですが……」とは、米メディア関係者はこう続ける。

「審判のストライク、ボールの判定は絶対。露骨な態度を取りすぎると敵に回します。ボークを宣告したメルゼル審判は、名門・ホプキンス大卒で数学教育の修士号を持つ秀才で厳格ともっぱら。大谷が審判から『要注意人物』としてマークされても不思議ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る