松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

張本サマ、場末の凶状持ちのような山口古巣復帰への発言は

公開日: 更新日:

 民放の日曜朝っぱら老人茶話会番組に毎週お出ましの張本勲さまにお伺い申します。

 メジャーでの再就職口がなくなった山口俊投手が2年ぶりに巨人と契約したことについて、ご老体は以下のように発言なさいました。

「芝居の幽霊じゃあるまいし、出たり入ったりね。日本のプロ野球界が荒らされますよ。アメリカ旅行に行くつもりで行ってもらったら困るわね。規約を早くつくってもらいたいんですよ。帰ってきたら日本では2年くらい働けないとか。もう、行くの勝手、帰るの勝手じゃ荒らされますよ」

■「荒らされる」の真意をお聞かせ願いたい

 あらかじめ申し上げておきますが、芝居の幽霊とは、出演者が限られた条件で、端役を何度も出演させる演出上の算段を申します。つまり、あなたさまは、山口俊投手は、その他大勢で何度斬られてもまた出てくる端役のぶんざいで、好き放題出しゃばられたら日本球界が荒らされますト? 観光旅行じゃないんだからト。帰って働けないように規約をつくれト。こうおっしゃいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る