松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

♪五輪へ五輪へと草木もなびくってか?G戦中継の時代錯誤

公開日: 更新日:

 日曜日、NHKBSでメジャーリーグ大谷対雄星から、東京ドーム巨人対日ハムをハシゴした。

 中継アナ、「東京ドームの巨人戦で、しかも投げ合う相手が日本を代表する菅野投手ですからねえ。日ハムの新人投手に緊張するなと言うほうが無理ですよね!」と言った。

 うわ~い麦茶こぼしそうになったぜ、真っ昼間からなんだなんだこの決めつけ感は!

■中継アナの時代錯誤で感じた既視感

 同じ高校からプロ野球を経て、2人とも東京ドームの巨人戦ごときにビビったことなんかねえ若えもんが、海を飛び越えてメジャーリーグの球場で対決してる日に、「東京ドームの巨人戦だから緊張しないわけはない」と決めつける時代錯誤!

(ふっふっふ、日ハムの新人・伊藤大海投手は東京ドームの巨人戦だからビビることもなく、下腹の出てきた菅野が5回を投げて引っ込んだのを尻目に、速球を巨人打線にグイグイ投げ込んで勝ち投手になった、ざまあみやがれ!)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る