千代ノ皇は名横綱・千代の富士の薫陶を受けた与論島初の関取

公開日: 更新日:

30歳・九重部屋・前頭14枚目

 ケガさえなければ、今後も関取として活躍できるともっぱらだ。

 角界初の与論島出身関取。与論島は相撲が盛んな地として知られ、各小学校に土俵があり、校内相撲大会も行われている。千代ノ皇も母校の茶花小学校で6年連続学年優勝している。

 中学まで地元与論島で育ち、沖縄県の中部農林高校に進学。全国トップレベルの成績は残せなかったが、母子家庭で「親孝行がしたい」という千代ノ皇は迷わず高卒でプロ入りの道を目指した。

「高校の相撲部監督と先代九重親方である千代の富士(故人)が知り合いだったそうで、その縁で九重部屋に入門した。あの部屋はヤンチャな力士が多く、おっとりした性格の千代ノ皇は目立たない存在。ただ、地道に努力するタイプですからね。そこは千代の富士の指導もかみ合ったのではないか。あの人は一見コワモテだが、稽古は理詰め。力士には自分で感じている欠点などをノートに書かせ、それを克服するにはどんな稽古をすればいいのか? とまず自分で考えさせる。九重部屋で中卒、高卒の叩き上げが次々に幕内に昇進していたのも、そうした指導あってのものでしょう」(タニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  9. 9

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る