大関・貴景勝が負傷休場…「頚椎椎間板ヘルニアによる神経根症」の相撲人生への影響は?

公開日: 更新日:

 6日、大関貴景勝(24)が休場を発表。「頚椎椎間板ヘルニアによる神経根症のため1カ月の休養加療」との診断書を提出した。

 貴景勝は2日目に逸ノ城と対戦。立ち合いで当たったものの、力なく寄り切られた。取組後も土俵に、もたれたまま動けず、車いすで退場。救急車で病院に搬送された。師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)は「首に電気が走って、今までにない痛みがあったようだ」と話していた。

 元中日ドラゴンズのチームドクターで、力士を治療した経験もある亀戸佐藤のり子クリニックの佐藤のり子院長は「神経根症だからこそ、そこまで大きなケガではありません」と、こう続ける。

「脊髄に影響となればともかく、神経根は脊髄から生えている枝のようなもの。治療は消炎鎮痛薬、あるいは点滴で多少のステロイドを入れて、必要なら神経ブロックの注射も打つ。そうして経過を見て、安静にしていれば大丈夫かと思われます。仮に手術をするとなっても内視鏡で十分可能な範囲です。これは想像ですが、貴景勝関は以前、何度か首を痛めたことがあるのではないか。今回、負傷した後に、ほぼ動かなかったのは正しい判断。もしかしたら過去、医者から『こういう場合は体を動かしたらいけない』と言われていたのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”