権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

千賀の状態を不安視する声もあるが…続投指令に首を振ったWBCでの経験が五輪で生きる

公開日: 更新日:

 東京五輪開幕までちょうど1週間になった。

 野球侍ジャパンは28日に初戦を迎えるが、千賀滉大(28=ソフトバンク)の状態が不安視されているようだ。本来ならば押しも押されもせぬ「日本のエース」という選手だが、今年は4月に左足首の靱帯を損傷。復帰が遅れていたため、6月16日に発表された代表メンバーからは漏れていた。巨人菅野智之中川皓太の故障による辞退があって追加招集されたものの、直後に上がった3カ月ぶりの一軍マウンド(7月6日=ロッテ戦)で3回途中10失点。再び登録抹消されており、メディアには「二軍から五輪」と報じられた。

 評論家の厳しい意見も散見されたが、私は心配していない。KOされたロッテ戦でも、直球のMAXは158キロ。スピードはあった。打たれたのは球が真ん中に集まった制球の問題で、これは一軍での実戦感覚に起因する。千賀レベルの投手なら、アジャストするのは難しいことではない。仮に、本番までに制球の不安が解消されなかったとしても、相手は粗っぽい外国勢だ。あの160キロのスピードと、「お化けフォーク」と称されるワールドクラスの決め球があれば、細かな制球は気にしなくていい。開き直って腕を振ることだけ考えれば、むしろ好結果につながるとみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2
    松坂大輔“第二の人生”は妻の古巣「日テレ」で解説者デビューか 古参の江川卓はお払い箱に…

    松坂大輔“第二の人生”は妻の古巣「日テレ」で解説者デビューか 古参の江川卓はお払い箱に…

  3. 3
    飯野矢住代誕生秘話<15>予定日より2カ月も早く出産…男児は呼吸困難に陥り重篤な状態に

    飯野矢住代誕生秘話<15>予定日より2カ月も早く出産…男児は呼吸困難に陥り重篤な状態に

  4. 4
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  5. 5
    スーパーマラドーナ 新しい相方に「一緒やんけ!」とツッコミましたが…

    スーパーマラドーナ 新しい相方に「一緒やんけ!」とツッコミましたが…

もっと見る

  1. 6
    広島・森下いまだ後半戦0勝 からっきしダメな原因は女房役・会沢との相性にアリ

    広島・森下いまだ後半戦0勝 からっきしダメな原因は女房役・会沢との相性にアリ

  2. 7
    <55>苦しんで暴れて死んだ愛犬イブに動物病院は「老衰」と診断

    <55>苦しんで暴れて死んだ愛犬イブに動物病院は「老衰」と診断

  3. 8
    伊集院光パワハラ疑惑に驚愕…誰しも年を取れば存在自体が“ハラスメント”になる

    伊集院光パワハラ疑惑に驚愕…誰しも年を取れば存在自体が“ハラスメント”になる

  4. 9
    米国の葬儀社トラックに「ワクチンを打たないで」の文言が…その真意は?

    米国の葬儀社トラックに「ワクチンを打たないで」の文言が…その真意は?

  5. 10
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”