大谷「本塁打王」獲得へ“カモ”レンジャーズと11試合 テキサスの気候と弱体投手陣が強力後押し

公開日: 更新日:

 リアル二刀流に沸いたオールスターが終わり、米大リーグは日本時間17日に後半戦が開幕した。

 大谷翔平(27)のエンゼルスは本拠地で菊池雄星(30)のマリナーズとの3連戦で後半戦の幕を開けた。

 メジャートップの33本塁打で前半戦を折り返した大谷は本塁打王のタイトル獲得に加え、史上6人目となるシーズン60本塁打の大台到達にも期待がかかる。

 2001年のボンズ(73本=ジャイアンツ)、ソーサ(64本=カブス)以来20年ぶりの「60本塁打クラブ」入りを狙う大谷にとっては、同じア・リーグ西地区のライバル球団から本塁打量産が見込めそうだ。

■本塁打が出やすいアーリントンの風向き

 大谷がカモにしそうなのは後半戦11試合を残しているレンジャーズだ。敵地テキサス州アーリントンは5月からシーズンが終了する10月上旬まで気温40度を超える猛暑日が続く。7月以降は湿度が高まるとはいえ、風向きの関係から本塁打が出やすいといわれる。昨年開場の「グローブライフ・フィールド」は屋根付きのドーム球場ながら、今季は新型コロナウイルス感染防止のため、屋根を開放するのは珍しくない。エ軍は敵地アーリントンで7試合組まれているだけに、球場の特性が大谷を後押しする可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  2. 2
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  3. 3
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 4
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  5. 5
    阪神・佐藤輝が緊急一軍昇格も…大不振のウラに矢野監督の“8.25緩慢守備叱責”騒動

    阪神・佐藤輝が緊急一軍昇格も…大不振のウラに矢野監督の“8.25緩慢守備叱責”騒動

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    Vチューバーをめぐる「フェミニスト議連」の抗議に署名6万件 なぜ反感を買ったのか?

    Vチューバーをめぐる「フェミニスト議連」の抗議に署名6万件 なぜ反感を買ったのか?

  3. 8
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

  4. 9
    阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

    阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

  5. 10
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る