羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

C.モリカワや青木功プロも メジャーで戦うには自分を追い込む猛練習が必要

公開日: 更新日:

 今年の全英オープンは24歳のコリン・モリカワ(米国)が、昨年の全米プロ同様に初出場初優勝を遂げて早くもメジャー2勝目(米ツアー通算5勝目)です。

 イングランドにある会場のロイヤルセントジョージズGCはドーバー海峡に近く、かつて強風が多くの選手を苦しめました。一日に四季があるといわれるぐらい目まぐるしく天気が変わりましたが、ここ数年の全英オープンは昔と違って荒天になることが少なく穏やかです。

 そうなると硬く、マウンドのあるフェアウエーをどのように攻めるかがスコアメークのカギになり、ドライバー飛距離よりもアイアン精度の高い選手が上位に来ました。

 最終日のモリカワはボギーフリーの4バーディーを奪って逆転優勝です。若さという勢いだけでなく、すでにメジャーに勝っている技術的な裏付けもあります。初出場でタイトル獲得も、リンクスの攻め方をよく理解していたからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る