侍J初戦は要注意!ドミニカ先発濃厚メルセデスが“メジャー行き”へヤル気満々

公開日: 更新日:

 巨人のC.C.メルセデス(27)が腕まくりをしている。といっても東京五輪の話。侍ジャパンが28日の1次リーグ開幕戦で対戦する難敵ドミニカ共和国の“開幕投手”が濃厚となっているのだ。

■開幕戦 ドミニカ共和国先発濃厚の左腕の夢は…

 巨人5年目左腕は昨年10月の左肘手術から6月に復帰すると、直球の最速が152キロに伸び、軟投派からパワー系に変身。6試合に投げて5勝1敗と絶好調で、「日本戦で投げるなら全力でいく」と腕をぶしている。

 2017年に巨人と育成契約を結び、18年7月に支配下登録されると、この年5勝4敗、19年8勝8敗、20年4勝4敗。さる球界関係者がこう言った。

「19年は5年ぶりにリーグ優勝を決めたチームの先発ローテとして8勝を挙げたのに、年俸は240万円増の1100万円で話題になった。その前の年も5勝で310万円アップの年俸860万円。油断しやすい性格のため、出来高を手厚くしていたそうだが、他球団から『育成上がりだからって、いくらなんでも安過ぎる。天下の巨人が、どうしちゃったのか』と不思議がられた。本人はどう思っていたか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る