五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏がクビに…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

公開日: 更新日:

<どんな創造的なことであっても、ナチスの虐殺の犠牲者をあざける権利は誰にもない>

 いよいよ明日に迫った東京オリンピックだが、またもや開閉会式に携わるクリエイターが、過去の問題によって解任された。ミュージシャン・小山田圭吾氏(52)、絵本作家・のぶみ氏(43)と、東京オリンピック・パラリンピック関連イベントにかかわるクリエイターの辞任が相次いでいる。

 開会式前日に解任されたのは、開閉会式のショーディレクターを務める元ラーメンズの小林賢太郎氏(48)。コンビ時代にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をパロディーにしたと見られるコントについて、米国ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が、21日に非難する声明を発表した。

「ラーメンズは小林と多摩美術大学版画科の同級生だった片桐仁氏が結成。熱狂的なファンが多いコンビでした。2009年ごろには実質的な活動を休止していて、昨年、小林氏の芸能界引退によって活動が終了しました。問題のコントは、98年発売されたライブビデオに収録され、NHK教育テレビ(現・Eテレ)の子ども向け番組『できるかな』のパロディーの中で、<ユダヤ人大量虐殺ごっこやろうというときのな>というセリフが使われ、これがホロコーストいじりをしていると指摘されていました」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

もっと見る