小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

公開日: 更新日:

 過去に数誌の雑誌のインタビューでいじめを武勇伝のように語ったことが大炎上し、東京オリンピックの開会式の楽曲担当を19日、辞任した小山田圭吾(52)。小山田がツイッターで謝罪したことから、「昔のことだし、もう許してあげたら?」といった声も出てるが、「ここにきて謝罪コメントを出されても、真摯なものなのか疑問に思う」と元フジテレビアナウンサーで弁護士・菊間千乃氏が指摘したように、この件がウヤムヤになることに違和感を覚えている人も少なくない。小山田はダウン症のある学生を笑いものにしたり、同級生に性器を露出させて廊下を歩かせたりと、いわゆる犯罪レベルのいじめを語っており、やはり今後、何らかの説明が必要になるだろう。

 特に今回の小山田の"壮絶いじめ激白"は障がいを持つ子の親たちを恐怖と失意のどん底に落とした。知的障がい者の権利擁護団体「全国手をつなぐ育成会連合会」は抗議文の声明を発表し、日本ダウン症協会も、この声明に賛同する旨を発表。Change.orgでは、「東京オリパラ開閉式制作メンバーから小山田圭吾氏の除外を求めます」というタイトルで、オンライン上の署名活動が行い、約3万人の署名を集めた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット