セ本塁打王争いを広島・鈴木誠也が制する根拠 打撃2冠を置き土産にメジャー挑戦は?

公開日: 更新日:

 ヤクルトの優勝が秒読み段階に入ったペナントレースとは対照的に、セの本塁打王争いがいよいよ混沌としてきた。

 39本でトップに並ぶ巨人岡本和真(25)とヤクルトの村上宗隆(21)を広島鈴木誠也(27)が猛追。17日の阪神戦で1試合2発を放つなど、9月以降に19本塁打の量産態勢で岡本、村上に1本差まで迫ってきた。

 18日現在、残り試合は岡本の巨人が4、村上のヤクルトが8、鈴木誠の広島が6。試合数では村上が有利だが、

「村上はチームの6年ぶりの優勝がかかっているだけに、個人成績だけを追うわけにはいかない。9月以降、打率.299と調子は維持しているものの、8本と本塁打のペースが落ちている。首位チームの主砲だけに相手からマークされ、9月からの41試合で29四球と四球が増えているのも気がかりです。岡本は夏場を過ぎて大スランプに陥ってしまった。9月以降の成績は打率.225、7本塁打で15日のヤクルト戦で39号を放つまで、18試合71打席も一発から遠ざかった。チーム状態も悪く、4番としての責任を背負い込んでフォームを崩す悪循環にはまっているように見える。勢いと調子では完全に鈴木誠でしょう」

 とは、セ球団のスコアラーである。残り試合のそれぞれの対戦相手を見ても、鈴木誠に分がありそうだ。別表の通り、鈴木誠はカモにしている球団との試合を多く残す。しかも、4試合が今季16本塁打を記録している本拠地・マツダスタジアムでの試合である。村上は最多3試合を残す広島戦を苦手にしており、打率.228は対戦球団別のワーストで、4本塁打も最少となっている。

球団も本人も「今が売り時」

「鈴木誠は打率でも.322と2位の阪神・近本(.316)に差をつけて2度目の首位打者を射程圏内に入れており(18日現在)、初の本塁打王を獲得すれば2冠。それを置き土産に、今オフにもメジャー挑戦に打って出る可能性はゼロではないでしょう。それも、モチベーションになっている。ここ数年、契約更改のたびに球団にポスティングシステムによるメジャー挑戦を要望しており、昨年12月の年俸交渉の席でも『少しした』と認めている。順調に行けば、鈴木誠が海外FA権を取得するのは2023年シーズン。球団がポスティングを認めるにしても、普通ならその前年の22年オフということになりますが、過去に王(貞治)さん、落合(博満)さんの2人しか達成していない6年連続『打率3割、25本塁打』の達成間違いなしの今年が、球団にとっても本人にとっても売り時であるのは間違いない。あとは球団の決断次第。代わりの利かない大黒柱だけに、認めれば相当な痛みを伴う。難しいところですが……」(地元マスコミ関係者)

 今年5月の日刊ゲンダイのインタビューでメジャー挑戦について、「もちろんチャンスがあれば、若いうちに行きたい気持ちは持ち続けています。でも、まだはっきりいつとは……。タイミングを見てですね」と答えた鈴木誠の今季年俸は3億1000万円。広島には大きな負担になってきているだろうし、ポスティングなら見返りもある。メジャー挑戦すれば「5年40億円以上の契約が確実視されている」(西海岸球団のスカウト)というから、だとすれば広島には8億円近い移籍金が転がり込む。そんな米球界の高評価が、来年以降も続く保証はない。売り時を間違えた巨人・菅野智之の例もある。

 いずれにしろ、同い年の大谷翔平との競演が見られる日は、そう遠くないうちにやってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔