代表デビュー三笘薫が無策の森保監督を救う オマーン戦の辛勝を釜本邦茂氏らはどう見たのか

公開日: 更新日:

 カタールW杯のアジア最終予選でモタついていた森保ジャパンが、日本時間17日午前1時キックオフのオマーン戦を1-0でモノにした。

 勝ち点を12とし、中国と引き分けたオーストラリアと入れ替わり、初めて「W杯自動出場圏内」となるB組2位に浮上した。

 救世主は、後半から投入されてA代表デビュー戦を<決勝アシスト>で飾ったMF三笘薫(24=サンジロワーズ)だ。

 積極果敢なドリブル突破が三笘の真骨頂。後半開始早々、持ち場である左サイドから仕掛けてオマーン選手のファウルを誘発。このワンプレーがチームを波に乗せた。

 メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏がこう言う。

「ほぼ普段通りの先発メンバーだった日本代表は前半、いつも通りのパスサッカーを展開。ボールの動きが、まるで各駅停車のようにノンビリとしたものに感じられ、前半シュート4本の日本の攻撃からゴールの予感は漂ってこなかった。ところが、三笘が入った後半は攻撃が活性化し、後半36分のMF伊東に送った決勝点アシストは見事だった。森保日本代表にとっては、ドリブラーの三笘が一筋の光明となった」

三笘薫をなぜスタメンで使わない?

 それにしても、三笘の活躍で森保一監督(53)の無策ぶりが際立った格好だ。

「なぜ三笘をスタメンで使わないのか。そもそも招集が遅過ぎないか、という疑問が残る」と指摘する元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がさらに続ける。

「森保監督は常に安全策を重視し、チャレンジができないタイプの指揮官です。なのでW杯最終予選など大事な試合は、普段通りのメンバーをスタメンに並べてしまう。0-1で敗れた10月のサウジアラビア戦でパスミスを犯し、ゴールを献上したMF柴崎を3試合ぶりに先発復帰させたが、これはチャレンジとは言えない。あくまで挽回の場を与えようという温情采配です。Jで結果を残しているDF旗手、FW前田、FW上田の3選手をベトナム戦に続いてベンチにも入れなかったことは、もう不可解と言うしかない。前田はJ得点ランク1位、上田は4位。得点力不足にあえいでいる日本代表が<旬のストライカー>を使うのは基本ですが、ベンチにも置かない森保監督のメンタリティーには、今後の日本代表の行く末に不安を感じてしまいます」

 2位浮上も「本当にW杯に行けるのか?」と疑心暗鬼にさせてしまう森保監督。

 マンネリ用兵指揮官に、このまま日本代表を任せていいのか――。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる