巨人“桑田監督”誕生は菅野がカギ!「中5日・完投」にエース賛同、投手陣再建なら出世の目

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(32)が23日、ジャイアンツ球場でブルペンに入り、立ち投げで約20球を投げた。今オフは沖縄・宮古島で阪神・藤浪らと自主トレを行っていた。

 昨オフはポスティングを使ったメジャー球団との交渉のため、練習不足のままシーズンに臨み、19試合の登板で6勝7敗、防御率3.19。今オフは宮崎キャンプ初日の2月1日に3年ぶりとなるブルペン入りの予定を明かすなど、「例年に比べたら仕上がりは早い」と言う。

 近年の菅野は、2017年(17勝)、18年(15勝)、20年(14勝)に最多勝となったものの、19年(11勝)、21年(6勝)は思うような成績が残せなかった。19年は腰、21年は右肘を痛めているため、要はコンディション次第。ここでキーマンとなるのが、桑田真澄投手チーフコーチ(53)の存在だ。

 今季は延長戦が復活し、十二回まで行われることが予定され、「先発投手が1イニングでも長く投げないと投手陣はもたない。完投できる投手を増やしたい」と語る桑田コーチは、一方で原監督が掲げる「中5日」での登板についても「すごくいいこと。投げられない人はプロ野球選手にならない方がいい。やり方を知れば必ずできる」と持論を展開。そんな新チーフコーチの方針を率先して体現する立場なのが、エース菅野なのだ。こちらも「中5日はきつくない。戸郷の若さできついなんて言ってらんないでしょ」と賛同しているから、桑田コーチにとっては心強い限りである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”