松山英樹マスターズ連覇ならず14位で終戦…これからが心配な首痛の後遺症

公開日: 更新日:

【マスターズ】最終日

 大会2日目から首位に立つ世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(25)が、通算10アンダーまでスコアを伸ばしてメジャー初優勝を挙げた今大会。連覇が期待された松山英樹(30)は、5バーディー、5ボギーとスコアをのばせず、通算2オーバー14位に終わった。

 スコアが大きく動くといわれる3日目のムービングサタデーのつまずきが痛かった。トップと5打差とはいえ松山はスタート時に2位タイにつけていた。が、上位グループではワーストの77をたたいて14位に後退し、V圏から脱落した。

■風と寒さに弱さが出た

「前年覇者で、5打差を少しでも縮めたいという意識が強く働いたのはわかる。ただ、状況に応じてプレーしなければいけない。2日目まではパットには何も問題がなかった。ところがネックウオーマーをしてプレーした出だしの1番で1メートルのパーパットを外したのも無意識にタッチが強くなっていた。そこから歯車が狂いだし自分のゴルフを悪い方に追い込んでしまった」と評論家・菅野徳雄氏が指摘する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾