3位転落の巨人をジワリ蝕む“四球&一発病”…頼みの守護神・大勢の初黒星より実は深刻

公開日: 更新日:

 巨人のドラフト1位ルーキーで守護神を務める大勢(22=関西国際大)が初めてやられた。

 前日に首位を奪われた8日のヤクルト戦。1点リードの九回だ。ここまで両リーグ単独トップの12セーブを挙げている大勢がマウンドへ上がったものの、1死から中村に二塁打されると、塩見の内野安打で一、二塁。続く山崎に初球の155キロをはじき返され、左中間へ逆転の2点二塁打を許した。ヤクルトとの首位攻防3連戦で3連敗。今季ワーストタイの4連敗となり、1.5ゲーム差をつけられた。

【写真】この記事の関連写真を見る(13枚)

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘する。

「問題は大勢ではありません。巨人の投手陣はこの日も8つの四死球を与えた。1失点の先発・高橋は五回に青木に二塁打されて交代を告げられてエッ⁉ という表情でしたが、その前に投手のサイスニードに四球を出したことを原監督に問題視されたのです。七回には今村が2四球と1死球で満塁のピンチを招いて失点した。チーム全体で与四球が多過ぎます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?