あまりにも大きい巨人・坂本勇人が抜けた穴…代役3人が「打率.181 三振10」の体たらく

公開日: 更新日:

 巨人が5日の広島戦で開幕35試合目にして今季初の零敗。わずか1安打と打線が沈黙し、「いい投手戦でしたけどね。こっちが0点じゃ、いかんですね」と原監督もお手上げの体だった。

「勇人がいないと打線は苦しい」というチーム関係者の言葉を借りるまでもなく、1日に右膝内側側副靭帯損傷で登録抹消された坂本勇人(33)の穴はやはり大きい。

 この日は「2番・遊撃」に広岡大志(25)が入ったものの、3打数無安打。守っては、五回1死一塁で二塁に悪送球し、相手に先制点を献上するきっかけをつくった。3日の初回6失点も広岡のエラーからだった。

 今季、坂本がスタメンを外れた試合はこの日を含めて7試合。代役には広岡、若林晃弘(28)、湯浅大(22)が指名されているが、3人合わせて計22打数4安打の打率.181。10三振とチームの足を引っ張っている。

 大黒柱の坂本は今年12月で34歳。年々、故障が増えている。何年も前から「ポスト坂本」の育成がチームの課題になっているものの、そのメドすら立たない状態が続いているのが現状だ。

 坂本に加え、エースの菅野智之も登録抹消中。原監督は、スポーツ報知の取材に「帰ってきても居場所がないぐらいのチームになると一番ベストだよね」と答えているが、理想と現実の間には余りに大きなギャップが横たわっている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?