稲見萌寧がブリヂストンレディスで狙う今季初Vと打倒“渋野日向子”予選では同組に!

公開日: 更新日:

「勝つとすれば今週ですよ」

 あるツアー関係者が自信ありげにこう言うのは、稲見萌寧(22)のことだ。

 19日開幕のブリヂストンレディス(千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C=通称・旧袖)は、主戦場を米国へ移した渋野日向子(23)が、今季国内に初参戦。すでに来季の米ツアーのシード権も確定させての凱旋となる。

■昨季9勝も今年は未勝利

 一方の稲見は、昨季9勝を挙げ、初の賞金女王となり、東京五輪では銀メダルを獲得。新女王をファンに印象付けたが、今季は全11試合に出場しベスト10入りは5回あるが未勝利だ。

 その稲見は、予選のペアリングは渋野と、前週の「ほけんの窓口レディース」で今季初優勝、勢いに乗るホステスプロの渡邉彩香と同組に。冒頭の関係者がこう語る。

「稲見はボール契約がBSで、ディフェンディングチャンピオンです。愛知県から移った今年の会場は、昨年まで男子のブリヂストンオープンが行われていた旧袖です。男子ツアーが撤退しただけに盛り上げたい気持ちも強いでしょうし、旧袖は稲見の自宅から非常に近く地元も地元です。予選で稲見と渋野が同組で回る。大会は1日5000人の入場制限をもうけますが、おそらく多くのギャラリーは渋野の応援団となる。こういう時の稲見は強い。海外に興味はなく、“国内で永久シード(30勝)を目指す”と言ったプライドもあるでしょう。直近は3位、3位と調子を上げている。おもしろい試合になりますよ」

 会場の旧袖は丘陵の林間コース。レギュラーティーからも6600ヤードを超え、ドッグレッグホールや砲台グリーンが多い。アイアンショットにキレが戻ってきた稲見向きのコースだが、さて……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾