大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

公開日: 更新日:

 25日のヤクルト戦。日本ハムは2点リードの九回に逆転3ランを浴びてサヨナラ負けを喫したが、確かな存在感を放ったのが左腕の上原健太(28)だ。

 2020年10月以来となる先発のマウンドに立つと、4回と3分の1を3安打無失点。打っては五回の先頭打者として左中間を割る二塁打を放ち、後続の犠飛で3点目のホームを踏んだ。

「なんとかゼロを積み重ねられていただけに、五回は投げ切りたかったです。できることなら降板拒否をしたかった(笑い)」(上原)

 15年のドラフト1位入団ながら、昨季までの6年間は7勝11敗。度重なるケガに苦しみ、期待に応えることができていなかった。すると昨オフ、チームでは大谷翔平以来となる投打の二刀流挑戦を表明。「8番・投手」で先発したこの日がそのデビュー戦だった。

 球団OBが言う。

「身体能力はチームで随一ですからね。192センチの長身ながら、50メートルを5秒台で走る。単純なスピードは盗塁王4度の西川(現楽天)より上で、これまでに何度か打者転向の話が浮上していた。日本ハムでは同じドラフト1位の投手から野手に転向して成功した糸井(現阪神)がその抜群の身体能力から『超人』と言われましたが、上原のポテンシャルは勝るとも劣りません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外