ヤクルト塩見泰隆が3打席連発弾!イノシシを追い掛け回した“型破り男”はまだ発展途上

公開日: 更新日:

 仙台の夜空に花火を3発打ち上げた。

 ヤクルトの塩見泰隆(28)が27日、3打席連続本塁打を放ち、5打数3安打5打点と躍動した。

 初回、左翼にソロ弾を放つと、二回は右中間に3ランを叩き込んだ。さらに5-1の四回にも、まだ打ち足りないと言わんばかりに、今度はバックスクリーン左に一発。本人は「たまたまです。怖いくらい」と話したが、“型破り”は塩見の代名詞。帝京大時代、グラウンド裏の森でイノシシを追い掛け回した男は、まだまだ発展途上だ。

 ヤクルトOBが言う。

「塩見は昨季、自身最多の140試合に出場。今季はまだレギュラーになって2年目ですからね。打撃面では追い込まれたらセンター中心の打撃を身に付け、昨季は打率.278、14本塁打、59打点。一方、外野守備では打球判断の甘さや、ポジショニングに課題がある。逆に言えば、まだまだ伸びる余地があるのです」

 アマチュア時代は小学生から大学時代を通じて、チームのお騒がせ選手。当時、武相高で監督を務めた桑元現東農大コーチは、かつて日刊ゲンダイの取材に「選手としては素晴らしかったけど、チームに迷惑をかけちゃう子だった。気分が乗らないと全力疾走をしない、後ろにそらした打球を追いかけない。だから最初は野球よりも教育だな、と。このまま野放しにはできませんでしたから」と話していた。

 そうした教育の甲斐もあってか、精神面も徐々に成長。塩見が所属した海老名リトルシニアの飯塚監督も「我慢して起用すれば、結果を出せる子」と評価していた。

 今季は46試合に出場し、打率.269、8本塁打、23打点。リーグ連覇まで猪突猛進だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い