権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

中日・根尾昴の投手転向には大賛成も…まだ便利屋扱い? いい加減にせえ!

公開日: 更新日:

 中日根尾昂(22)の投手転向が決定以降、イライラする日が続いている。いい加減にせえ! という気分である。

 私は中日入団前から、「根尾は投手!」と言い続けてきた。5月14日付のこのコラムでも、一足早く「いっそ、投手に転向させるのも手だ」と提言した。だから、転向には大賛成ではある。

 プロはそう甘いものではない、という評論も散見されるが、彼は母校・大阪桐蔭高が甲子園で春夏連覇を達成したときの優勝投手だ。当時から遊撃手との“二刀流”だったものの、だてや酔狂では頂点のマウンドには立てない。それだけで、投手としてプロに挑戦する資質がある。

 今季、数度のブルペン投球で投手の真似事をした程度に過ぎないにもかかわらず、一軍登板4試合で打者12人に被安打2の防御率0.00。ぶっつけ本番で150キロ超の真っすぐを投げ、それをストライクゾーンにコントロールできること自体、投手としてのセンスに太鼓判を押していい。

 それだけに、これまでの3年間がもったいなかったな、と思う。入団時に本人が野手を希望したという事情はあったにせよ、可能性を見極めてやるのが選手育成を担う球団、指導者の責任ではないか。投手としてうまくいかなかったときに初めて、野手として再挑戦する。過去の成功例を見ても、その方がいいのは明らかだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応