阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

右脇腹を痛みを耐え抜き…3試合の雨天中止と敗戦処理の立場が奏功した

公開日: 更新日:

 横浜移籍1年目の開幕直後、右脇腹を痛めたときはつらかった。

 最初にブルペンで肩をつくるときは、あまりの痛さで涙が出そうになったくらい。1カ月近くの間、痛みに耐えながら投げていた。

 それでも離脱するわけにはいかなかった。巨人で結果を出して移籍したわけではないし、二軍でリハビリをさせて欲しいと言ったが最後、二度とチャンスは回ってこないかもしれないと思ったからだ。打者ひとりに四球を与えて終わった前年のような悔しい思いはしたくなかった。

 さすがに試合中のブルペンで痛めたときは首脳陣に言わないわけにいかなかったけれども、それ以降は何も言わなかった。言わないどころか、あえて何事もなかったかのように振る舞った。

 ただし、ツキはあった。広島市民球場で脇腹を痛めてから、横浜に戻って中日戦。その後、甲子園の3戦目から再び横浜に戻ってヤクルトとの2戦目までの計3試合、雨で中止になった。トータルで約1週間、ブルペンで投げずに済んだのは救いだった。

 敗戦処理だったことも幸いした。右脇腹を痛めた広島との3連戦が終わってから5月末まで、チームは17勝14敗。そこそこ調子が良かったがゆえに、あまり出番が回ってこなかったのは運が良かった。登板は週に1回くらいのペースだったから、痛みに慣れてきたというか、痛みと共存できたように思う。仮に連投を強いられるようなことがあったら、右脇腹痛に耐えられなかったかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報