大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

公開日: 更新日:

「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」を達成したばかりのエンゼルス・大谷翔平(28)。今度は史上初の規定打席(502)と規定投球回(162)の同時到達に注目が集まっている。

 エ軍のレギュラーシーズンは残り50試合。大谷の打席数は465で、残り37に迫っているが、問題は投球回数111回(11日現在)。フィル・ネビン監督代行の方針通り、中5日の登板で、残り9試合に6イニングずつ投げれば、165イニングとなり、ダブルでの規定数クリアとなる。

 二刀流ならではの偉業とはいえ、ここにきて大谷が疲弊しているのは明らかだ。ベーブ・ルースの記録に並んだ9日のアスレチックス戦では打球がすねに直撃し、痛みをこらえながら投げ続けた。7敗目を喫した3日のアスレチックス戦では右前腕部のけいれんを訴えて代打を送られた。最近は自打球も増えており、大谷の両足はあざだらけ。満身創痍でグラウンドに立ち続けているのだ。

■「さっさと休んで」が本音

 しかし、すでにエ軍はポストシーズン進出が絶望的。メジャーではレギュラーシーズン敗退が濃厚な場合、ベテランや故障リスクの高い選手を来季に備えて休ませることは珍しくない。大谷は消化試合でも最後まで全力を尽くそうとしているだけに、ヤンキース、メッツ、ドジャースといった金満球団が「故障しないか」と気を揉んでいるという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声