日本ハムがスカウト会議 新庄監督「即戦力」発言で「ドラフトと育成」方針は覆されるのか

公開日: 更新日:

 8月に入ってから、しきりに「即戦力」にこだわった発言を繰り返しているのが、日本ハム新庄剛志監督(50)だ。

 オフのFA補強はもちろん、ドラフトに関しても「即戦力を取りたいですね。ピッチャーも野手もすべて」と発言している。

 そんな中、日本ハムは26日に札幌市内でスカウト会議を開き、102人の選手をリストアップ。甲子園で3本塁打した浅野翔吾(高松商)ら計12人を1位候補にしたという。

 球団はこれまで「ドラフトと育成」を基本方針としたチーム作りをしてきた。ドラフトでは主に高校生を獲得、彼らを育てて一定の戦力を維持してきた。新庄監督はしかし、「即戦力」にこだわっている。ビッグボスの要望で、ドラフト戦略は覆されるのか。球団OBが言う。

「もともとチームの編成はフロント主導です。栗山英樹前監督はスカウト会議に参加していましたが、それは例外。新庄監督はすべてフロントに任せているようで、今回のスカウト会議も出なかったそうです。今回の会議は、各スカウトがピックアップした選手の情報共有にとどまったようで、具体的な方向性は未定です。今年は高校生が不作だけに、指名は大学・社会人に偏るかもしれませんが、基本的に日本ハムの『ドラフトと育成』という2本柱が新庄監督の発言によって覆ることはあり得ないでしょう」

 だれが監督であろうと、あくまでもフロント主導のチーム作りを貫くというのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」