著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

エクアドル戦は“ジョーカー”三笘薫を先発に指名か E-1選手権MVP相馬勇紀を抜擢か?

公開日: 更新日:

 2カ月後に開幕するカタールW杯に挑む日本代表メンバー発表前最後のテストマッチとなる27日のエクアドル戦(デュッセルドルフ)。まさに最後のサバイバルとなる一戦を2日後に控え、日本代表が非公開練習に臨んだ。

 やはり気になるのは、2022年代表戦5ゴールの三笘薫(ブライトン)。23日の米国戦(同)のような強度の高い守備を想定すると、どうしても彼はジョーカーに回されがち。ただ、本人は「もちろんスタメンで出たい」と熱望する。森保一監督はどんな判断を下すのか。

 25日は日曜日。ドイツの場合、スーパーなどの商業施設はほとんど休業になる。一部のレストランやカフェ、キヨスクは開いているものの、1リットルの水を1本買おうとするとスーパーが0.5ユーロ(約70円)のところ、キオスクは3ユーロ(約420円)。だから一般庶民は必ず土曜日のうちに買い物に行く。

 1997年に初めてデュッセルドルフを訪れた筆者はそのことを知らず、大いに困った記憶がある。当時より日曜営業の店も多いが、やはり25年経っても休日を大切にする文化は変わらない。それがドイツという国なのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…