著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

米国に2-0の快勝 鎌田と久保の見事な共闘が「ひょっとすればひょっとする」と思わせた

公開日: 更新日:

 鎌田大地(フランクフルト)と久保建英(レアル・ソシエダ)のファンタジスタ共存は難しい」と見られていた日本代表。

 しかし、23日の米国戦(デュッセルドルフ)では2人が2列目で並び、攻守両面で躍動。鎌田はゴールも奪い、2-0の快勝に貢献した。

「大地とタケが状況によって位置取りを変えながら、相手につかまりづらいポジショニングで起点になってくれていた」と森保一監督も絶賛。2カ月後のカタールW杯に向け、日本は力強い一歩を踏み出した。

■米国戦には欧州在留邦人など5000人超の観客が

 11月23日のカタールW杯初戦・ドイツ戦(ドーハ)まで「丸2カ月前」という節目に行われた米国戦。平日にもかかわらず、欧州在留邦人など5000人超の観客が集まった。

 19日に代表選手と交流したデュッセルドルフ日本人学校も、わざわざ休校にして日本代表の応援に駆けつけたという。キックオフ2時間半前の12時時点で彼らはいち早く入場ゲート前に集まり、森保日本に熱いエールを送ろうとしていた。

 報道受付開始は1時間半前の午後12時55分。その前に、我々ペン記者にはやることがあった。入口横のブースでの新型コロナ・抗原検査である。陰性確認が会見場とミックスゾーンに入る条件になっていたからだ。

 前日練習までは検査不要だったし、17日に赴いたドイツ・ブンデスリーガの試合でもそういった義務は課されなかったため、少し不可解に感じたが、定められたルールには従うしかない。

 前日のうちに予約フォームを登録し、当日は窓口前で鼻腔検査を実施。15分程度で「ネガティブ」と書かれたメールを受領。とりあえずは安堵した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…