著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

エクアドル戦では南野がトップ下か…米国戦で鎌田と久保が活躍、代表での立ち位置が微妙に

公開日: 更新日:

 9月23日の米国戦を2-0で快勝し、一夜明けた日本代表。24日の練習後には、22日から3日間の帯同を終え、この日でチームを離れる前主将・長谷部誠(フランクフルト)が取材対応した。

「『日本代表のため』というよりは『自分自身のためになった』という感じの方が強かった」と38歳のカイザー(皇帝)は謙遜する。だが、長友佑都(FC東京)が「(僕らの)精神安定剤ですね。本番もまた来てほしい」と熱望するほど、森保一監督が試みたサプライズはチームに大きな刺激を与えた様子だ。

 カタールW杯出場国・米国を決定機1本に抑え込み、鎌田大地(フランクフルト)と三笘薫(ブライトン)のゴールで勝ち切るという手ごたえあるゲームを見せた日本代表。翌日はパウル・ヤンネ・シュタディオンでの午後3時からの練習前、デュッセルドルフ遠征2度目となる日本人の子供たちとの交流を行った。

■若き至宝・久保の前に長蛇の列

 今回もダントツの人気を誇ったのは、若き至宝の久保建英(レアル・ソシエダ)。サイン会がスタートした瞬間、多くの少年少女が新世代の21歳のスターのところに一目散に駆け寄った。

 代表経験の長い吉田麻也(シャルケ)や長友のところもに人だかりができたが、「久保待ち行列」の長さは比にならない。日本サッカー協会の反町康治技術委員長がユニフォームを引っ張り、サインをしやすくするサポートを買って出たほどだった。

「子供は純粋で嘘をつけないので、それだけ本当に僕のことを応援してくれているんだと嬉しかった」と久保は前回対応後にもしみじみと語っていたが、今回もこれだけの注目を集めたのだから「自分がやらなければいけない」と気合が入ったはず。

 米国戦では鎌田との共闘で攻撃に新たなエッセンスをもたらすと同時に守備面での進化を示したが、果たして27日のエクアドル戦、そしてW杯本大会はどうなのか。ここから真価が問われるところだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…