三笘薫を見いだした“川崎の目利き”が語る プロ契約までの紆余曲折とW杯8強への期待

公開日: 更新日:

 11月に開幕するカタールW杯最終予選突破の救世主となったのが、ベルギー1部サンジロワーズ所属のMF三笘薫(25)。6月の代表強化マッチ4連戦では、ガーナ戦で1ゴール1アシストを記録するなど、森保ジャパンの主軸に成長したことを印象付けた。また4連戦の総括として「どのように攻めるのか、意識の共有とバリエーションが不足している」と発言。プレー以外でも「日本代表を牽引していくんだ!」という気概を感じさせた。史上初の「W杯8強以上」のカギを握る男を見いだした川崎・強化部の向島建スカウト(56)に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ──三笘選手のジュニア時代の思い出は?

「薫は、本当に技術が高かった。ジュニアの頃は、ボールを持てば相手をかわしながら、一人で(相手ゴール前までボールを)持っていける子だった。将来、必ず『頭角を現すだろう』と予感させる選手でしたね。ユースを終えたとき、トップに上がれるレベルにありました。日本クラブユース選手権を見ていた人たちからも『そうそう出現する選手じゃない』『あんな(レベルの高い)ドリブルのできる選手なんて普通はいない』という評価を得ていました」

 ──トップとのプロ契約の話を持ちかけたときの三笘選手の反応は?

「こちらから『トップに上がらないか?』と持ちかけたのですが、薫の1学年上の三好康児(ベルギー1部アントワープMF)や板倉滉(ドイツ1部ボルシアMG・DF)が(ユースから)トップチームに上がっても、すぐには(J1の)試合に出られなかった。そういう部分も感じるところがあったのか、薫本人は『まだトップでやれる自信がありません。大学(サッカー部)に行きたい』という返答でした。本来ならユースの選手は、トップチームから声が掛かったらプロ契約を交わす──というのが自然な流れなのですが、もともと薫は進学したいという希望を持っていましたし、実際のところ、ちょっと線が細かったんですよ。筑波大から『ウチのサッカー部に欲しい』という話も来ていましたし、『しっかり育てて(卒業の際は川崎に)戻します』という話をいただきました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?