著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

GKシュミットは「真司君が来てサッカーを楽しむことの大切さを再認識した」と語った

公開日: 更新日:

 ベルギー1部のシントトロイデンがオイペンに惜しくも0-1で敗れる試合を生観戦した翌3日。クラブの練習場に赴き、トレーニングの様子を取材した。

 先発した岡崎慎司シュミット・ダニエル、橋岡大樹の3人はダウンに務め、途中出場だった香川真司とケガから回復途上にある林大地はフルメニューを消化した。

■3年ぶりに対面した香川の笑顔が印象的だった

 印象的だったのは、香川の笑顔。日本代表やドルトムント、マンチェスターU、ベシクタシュ時代の彼とは何度も話したが、苦境に直面して厳しい表情を浮かべる姿が目についた。

 が、今はサッカーができる喜びを心から感じているようだ。

 10月3日のシントトロイデンは穏やかな晴天に恵まれた。練習は午前11時からということで、駅前のホテルを午前10時半頃出て、歩くこと約10分。クラブの練習施設に到着した。

 ここはトップとユースの両方が使っているということで少し手狭だが、サウナもあってリフレッシュはできるという。香川やシュミットらサウナ好きの選手たちは頻繁に利用しているらしい。

■香川の華麗な技術と創造性は錆び付いていない

 この日は試合出場組とそれ以外に分かれたメニュー。岡崎らはランニングとストレッチをしただけで30分ほどで上がり、香川や林らは昼過ぎの12時半までみっちりとボールを蹴り、ラストのシュート練習まで120%のエネルギーで向かっていた。

 パス交換やゲーム形式の練習を見ていると、香川の技術の高さがよく分かる。

 ハリルホジッチ監督が率いていた代表時代、千葉・秋津で香川と清武弘嗣(C大阪)が2人だけで練習している際、ボールがピタッと足に吸いつくのに驚かされたものだが、5~6年が経過して33歳になった今でも、華麗なテクニックと創造性は間違いない。

 しかも、林ら若手とも楽しくやっている様子が随所に窺える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…