著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

ベテラン岡崎慎司は格下オイペンに敗戦後「森保監督から信頼を得られるようにやるしか…」と

公開日: 更新日:

 10月3日は今回の欧州取材のラストデー。吉田麻也のシャルケ、上田綺世のセルクル・ブルージュなども選択肢にあったが、やはり日本人選手5人が所属するシントトロイデンを見ておかなければいけない、とベルギー行きを決断。3年ぶりに香川真司岡崎慎司のプレーを生で見た。

 岡崎、シュミット・ダニエル、橋岡大樹が先発し、香川が後半から途中出場する中、彼らはシュート22本を放つ猛攻を見せたが、格下・オイペンにカウンターを一発を決められ、0-1の敗戦。苦い結末を強いられた。

■香川はベンチスタートだった

 同日朝、2週間過ごしたドイツを離れ、ベルギーへ移動した。早朝のデュッセルドルフは土砂降りの雨で大荷物を引く身としては大変だったが、無事にバスに乗り込み、1時間半足らずで経由地のマーストリヒトに到着。ここは非常に美しい都市で、聖セルファース大聖堂という世界遺産があるのだが、雨で荷物がある状態だとウロウロできない。

カフェでの作業に切り替え、2本目のバスでハッセルトに向かい、そこから電車で約15分乗って、目的地のシントトロイデンに着いた。

 ここには2017年に一度訪れたことがあるのだが、その時は市街地の広場には行けなかった。そこで今回は足を運び、カジュアルなカフェに入って名物のムール貝入りのスープを食べた。ベルギーのムール貝はバケツに入ったものを豪快に食べるのが定番だが、値段が高い様子。値上げラッシュは日本だけではないのだ。

 試合は午後9時キックオフ。スタジアムのスタイエンに午後8時前に到着し、配布されたメンバー表を見ると、岡崎、シュミット、橋岡は先発で、香川はサブだった。

「ホラーバッハ監督は9月17日のズルテ・ワレゲム戦から守備的な中盤の構成で戦っていて、香川は控えに回っている。僕らもドルトムントやマンチェスターUにいた彼には大いに期待してるけど、現状には満足できない。もっと活躍してほしい」と地元・リンブルフ州の新聞「ヘア・ベラング・ファン・リンブルフ」のエリアス・ディゲースト記者は言う。それが指揮官の評価なのだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…