外崎残留は想定内も… 西武・松井新監督が突き付けられる「正捕手」か「来季の2人」かの二択

公開日: 更新日:

 前哨戦は乗り越えた。

 22日、西武の外崎修汰(29)が今季取得した国内FA権を行使せず、残留を表明。交渉に当たった渡辺GMも、安堵のため息だろう。

 もっとも、仮に外崎がFA宣言したとして、どこまで評価が“高騰”したか。2017~19年に3年連続20本塁打をマークした内外野を守れるユーティリティープレイヤーだが、ここ2年は低迷。昨季は73試合で5本塁打、19打点、打率.220。今季は132試合で12本塁打、47打点、打率.215だった。

 セ球団の編成担当は「仮に外崎がFA宣言をして、ウチが乗り出したとしても大型契約は厳しい。成績が成績の上、年齢も来年30歳。ポジションや出場試合数の確約はできない」と話す。

 それが西武に残れば手厚くもてなされるのは、栗山や中村などを見れば一目瞭然。ただでさえFA流出が多い球団なので、残留してくれる主力は貴重なのだ。

 とはいえ、問題はここから。今季、国内FA権を取得した正捕手の森友哉(27)の引き留めこそ、今オフの本題である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  2. 2
    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

  3. 3
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  4. 4
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

  5. 5
    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

  1. 6
    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

  2. 7
    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

  3. 8
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 9
    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

  5. 10
    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり

    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり