やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

公開日: 更新日:

 今季女子ゴルフ各最終日の平均世帯視聴率(日本ゴルフトーナメント振興協会作成、ビデオリサーチ調べ)を見ると、関東地区で10%超えはなし。唯一の「2桁」は金田久美子(33)が11年ぶりに優勝した「樋口久子・三菱電機レディス」の中部(名古屋)地区(10.7%)だった。

 金田は名古屋出身で多くの地元ファンが観戦したのだろう。

 今はインターネット(有料)で女子プロの試合がライブ中継されているものの、視聴率はファンの関心度を示している。

 ちなみに昨年、唯一の2ケタ視聴率を記録したのは、渋野日向子(24)がプレーオフを制した同大会の12.4%(関東、中部とも)だった。

 ギャラリー数(主催者発表)も渋野効果は大きい。

 今季国内初戦のブリヂストン女子(千葉)は、予選2日間で約6000人ものギャラリーを集めたが、それをはるかに上回ったのがTOTOジャパンクラシック(滋賀)。初日だけでも5637人のギャラリーが会場を訪れ、2日目も4526人。大ギャラリーが渋野の組につき、同組のイ・ジョンウン6(韓国)が「すごいギャラリーなんだけど、いつもこんなに入るの?」と仰天した。

 この大会は4日間で延べ2万人超のファンを集めた。

「すごくもったいない1年だったというか、悔しい1年だった。ほぼ自信を失っている状態なので、自分に自信を持って試合に臨めるように来年は準備したい」と今季を締めた渋野だが、人気は健在だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき