大谷翔平“貫禄の4000万円帰国”に狂喜乱舞! 侍J首脳陣「リアル二刀流」依存に一抹の不安が…

公開日: 更新日:

 すでに打ち上げた侍ジャパンの宮崎合宿で連日、話題を独占していたのがダルビッシュ有(36=パドレス)。ただひとりのメジャーリーガーとして昼夜を問わず、メディアを賑わせていたとはいえ、2日を境に主役は交代する雲行きだ。

 大谷翔平(28=エンゼルス)が日本時間1日のアスレチックス戦でオープン戦初登板。2回3分の1、34球を投げて無安打無失点、2奪三振。ストレートは最速158キロをマークした。

 試合後はアリゾナのフェニックス・スカイハーバー国際空港へ直行。プライベートジェットでアリゾナを発ち、この日のうちに羽田に到着。2日にも名古屋で練習する侍ジャパンに合流するからだ。

 大谷がプライベートジェットに乗り込み、離陸する様子が本人のインスタグラムにアップされると、その映像をテレビが夕方の番組で流すなど、早くも話題になった。

 ダルが東京から宮崎に移動したプライベートジェットのチャーター料金は、フライト1時間あたり約53万円。楽天田中将大はヤンキース移籍1年目、雪で通常便が欠航すると、ボーイング787をチャーター。ニューヨークまでの料金は約2000万円といわれた。

 が、今回、大谷が利用したのはケタ違いの超高級プライベートジェット航空会社「VISTA JET」の「グローバル7500」という機体。4つのリビング、備え付けのベッドにソファやテレビも。えりすぐりの食事を提供するため、7000超のレストランやシェフ、生産地と提携しているという。

 個人機体所有者向けの情報発信メディア「プライベート ジェット カード コンパリソンズ」によると、この「グローバル7500」の1時間あたりの利用料金は約340万円。今回の飛行時間は約10時間だから、諸経費も含め少なく見積もっても4000万円近くかかる計算になる。さすが今季年俸40億円のスーパースター。帰国する前から大騒ぎになるのも納得だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    なぜ阪神・岡田監督は大炎上しないのか…パワハラ要素含む「昭和流采配」でも意外すぎる支持

  2. 2

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  4. 4

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 5

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

  1. 6

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 7

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 8

    日本ハム水谷瞬プロ入り時のコーチが明かす覚醒のカギ「(当時)フライはまともに捕れず、バットにも…」

  4. 9

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 10

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」