阪神・近本 痛恨の骨折離脱で巨人と遺恨勃発? 高梨は謝罪するもSNSで“ノー天気”コメント

公開日: 更新日:

 何でもかんでも「激震」と騒ぐ最近のメディアにとっては、「大激震」である。

 2日の巨人戦で右脇腹に死球を受けた阪神近本光司(28)が、右肋骨骨折で登録抹消。岡田監督も「骨折やからなあ」と厳しい表情だった。

 不動の「1番・中堅」の離脱は、痛いどころの話ではない。攻守両面の戦力ダウンは必至で、球界では巨人に逆転優勝を許した2008年を想起する向きもある。

 当時の阪神は主砲の新井(現広島監督)が北京五輪出場時に腰椎を骨折して離脱。チームはそこから下降線を辿ったが、近本は当時の新井以上に、替えのきかない存在と言っていいだろう。

 そんな中、チーム周辺では巨人に対する怒りの声が出ているという。球団OBがこう言う。

「近本が死球を受けたのは2-2の同点の七回1死一、三塁。代わったばかりの中継ぎ左腕の高梨雄平が初球にいきなりぶつけた。勝負に行ってシュートがすっぽ抜けたのかもしれないが、近本は初球から内角を攻めてくるとは思っていなかったのか、モロに脇腹に直撃した。問題は高梨のぶつけた後の言動です。ちょこっと帽子を取っただけで平然としていたばかりか、自分に続く救援陣が好投したこともあり、自身のSNSに『みんなないぴすぎ』とノー天気なコメントを投稿。本人は試合後に社会人時代の同僚である糸原を通じて謝罪したと釈明していましたが、翌日の朝にも猫の写真をアップするなど、阪神側の怒りを助長していると言っても過言ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速