阿部巨人の“初勝利”に貢献も…原監督時代にチヤホヤされた「高卒有望株」4人は崖っぷち

公開日: 更新日:

 巨人阿部慎之助監督(44)が10日、就任後初の実戦となった侍ジャパンとの練習試合で“初勝利”を挙げた。

 先発の松井颯(23)は3回を5安打。四回から堀田賢慎(22)が3回を1安打、育成のルシアーノ(23)が続き、4番手の直江大輔(23)は九回に2死満塁のピンチを招いたものの、チームメートの門脇の左翼線への飛球を左翼手・立岡がダイビングキャッチ。4投手の完封リレーで巨人が1-0で勝利した。さる巨人OBが言う。

「特に来季5年目を迎える堀田と6年目の直江の高卒投手2人は、原前監督時代からずっと期待されてきた『有望株』。でも、堀田は新人時代に右肘のトミー・ジョン手術を受けた影響で出遅れ、21年終盤に実戦復帰してからも22、23年と一軍で台頭するには至っていない。直江にしても、一軍で起用された20年にヘルニアの手術をして離脱してから鳴かず飛ばず。こちらも21年に復帰しているが、今季は中継ぎで16試合に登板。原前監督に期待された先発としては一軍の戦力になれていません」

 野手もしかりだ。

 この日、5年目の増田陸(23)と4年目の菊田拡和(22)が連打で好機を演出した。いずれも原前監督が「右の和製大砲候補」として期待を寄せていた、こちらも「有望株」だ。ただ、増田陸は今季一軍戦の出場ゼロ。菊田も5打数無安打に終わっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

  2. 2
    巨人がバウアーを欲しくても取れないカネ以外の事情 DeNA自由契約で他球団交渉OKに

    巨人がバウアーを欲しくても取れないカネ以外の事情 DeNA自由契約で他球団交渉OKに

  3. 3
    南野陽子ついにクズ夫と離婚…1300万円結婚指輪“自腹購入”の哀れと結婚直後に剥がれた“化けの皮”

    南野陽子ついにクズ夫と離婚…1300万円結婚指輪“自腹購入”の哀れと結婚直後に剥がれた“化けの皮”

  4. 4
    酷評されがちな慶応横浜初等部が「幼稚舎より優れている」と評価される2つの魅力

    酷評されがちな慶応横浜初等部が「幼稚舎より優れている」と評価される2つの魅力

  5. 5
    自民の政治資金パーティーは「利益率9割」がゴロゴロ…西村経産相は驚異の98.6%【表あり】

    自民の政治資金パーティーは「利益率9割」がゴロゴロ…西村経産相は驚異の98.6%【表あり】

  1. 6
    大阪・関西万博は総事業費「1兆円突破」確実! 予算大膨張は会場建設費だけじゃない

    大阪・関西万博は総事業費「1兆円突破」確実! 予算大膨張は会場建設費だけじゃない

  2. 7
    柳原可奈子が3歳長女の脳性まひ公表 当事者や親たち《勇気もらった》と共感の声が続々

    柳原可奈子が3歳長女の脳性まひ公表 当事者や親たち《勇気もらった》と共感の声が続々

  3. 8
    今年の現役ドラフトで注目“大化け確実”な3選手の名前 中日移籍の細川成也は年俸4.5倍増!

    今年の現役ドラフトで注目“大化け確実”な3選手の名前 中日移籍の細川成也は年俸4.5倍増!

  4. 9
    「強くなりたいのか」と殴られた…元横綱・柏戸が受けた理不尽と伊勢ケ浜部屋の対極

    「強くなりたいのか」と殴られた…元横綱・柏戸が受けた理不尽と伊勢ケ浜部屋の対極

  5. 10
    山本陽子 アイドル沖田浩之と20歳差熱愛騒動

    山本陽子 アイドル沖田浩之と20歳差熱愛騒動