前田健太がタイガースと2年36億円合意 再建中の古豪で強いられる“いきなりエース”の活躍

公開日: 更新日:

 ツインズからFAになっていた前田健太(35)が日本時間27日、タイガースと2年総額約36億円で合意。地元紙などによれば、メディカルチェックで異常がなければ、正式契約を結ぶ。

 前田は一昨年に受けた右肘靱帯を修復するハイブリッド手術から復帰した今季、21試合で6勝8敗、防御率4.23。3年ぶりのポストシーズン進出に貢献し、アストロズとの地区シリーズではリリーフも務めた。ワールドシリーズ終了後、FAになって以降、ツ軍と再契約交渉を行うなど、複数の球団が関心を寄せていた。

 タイガースは今オフ、エース右腕のE・ロドリゲスが契約破棄条項を行使してFAに。現状のローテはマニング(25)、オルソン(24)ら実績のない若手ばかりで、来年4月に36回目の誕生日を迎える前田はエース級の働きが求められる。

 大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

■ローテの1、2番手を任される可能性

「今季の前田は4月に右上腕部の張りで離脱したが、6月に復帰して以降は12試合で防御率3.36と安定していた。もともと、制球が良く、右肘手術から復帰2年目の来季は完全復活が見込めるだけに、今季以上の働きが期待できる。本拠地コメリカ・パークは中堅まで約128メートルと広く、本塁打が出にくいことも前田には好都合です。今後の補強にもよりますが、前田はローテの1、2番手を任される可能性があり、シーズンを通じてタ軍投手陣を牽引するのではないか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ