岡田阪神は若手底上げ不発、湯浅二軍、梅野故障のトリプルパンチ…FA補強ゼロでの連覇は不安山積

公開日: 更新日:

 阪神は25日の中日戦に1-4で敗れ、オープン戦開幕3連敗。2007年以来のワーストタイ記録となり、岡田彰布監督(65)の表情は冴えなかった。

 昨季は38年ぶりに優勝&日本一を達成。今季はFA補強には目もくれず、現有戦力の底上げに努めて連覇を狙っている。そのためには若手の台頭が不可欠だが、キャンプを視察したある評論家は、「昨季のMVPである村上は順調だし、佐藤輝も打撃の向上が見込まれる。主力組の多くは心配ないようですが……」とした一方で、「このキャンプで若手の底上げに成功したとは言い難い」とこう続けた。

「リーグ屈指のメンバーを擁する投手陣はさておき、問題は野手です。阪神は昨季リーグトップの555得点をマーク。岡田監督の四球査定などが奏功し、長年の課題であった得点力不足を解消した。昨季は大山、近本ら主力が1カ月以上の長期離脱を要する故障がなく、6人が規定打席に到達。固定メンバーで腰を落ち着けて戦うことができたことも大きい。しかし、そのレギュラーを一人でも欠くと得点力は落ちかねない。それを防ぐためにも、若手の底上げによって控え層を分厚くする必要があったのですが、キャンプでは若手に目立った成長が見られず、レギュラーとの力の差は縮まりそうにない」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋