森保Jシリアと今夜激突!A代表専念で吹っ切れた久保建英のキレキレプレーは見られるか

公開日: 更新日:

 北中米W杯アジア2次予選・最終第6戦のシリア戦(広島=11日午後7時10分開始)。注目は、五輪世代の23歳ながらA代表に専念することになったスペイン1部のFW久保建英(Rソシエダード)が、どんなパフォーマンスを見せるか──である。

 チーム最年長のDF長友佑都(37)と久保は、敵地での6日のミャンマー戦は登録メンバー外。8日の練習では、途中から別メニュー調整となった。

「それでもコンディションは上向いており、昨10日の試合前日練習では会場のエディオンピースウイング広島でキビキビとしたプレーを披露。森保監督も、前日の公式会見で『もう一度メディカルと相談し、ケガのリスクがあれば無理すべきではないかな、と思いますが、代表活動の中でプレーできるという判断のもと、招集させてもらっている』とシリア戦でプレーする可能性を示唆した」(サッカー関係者)

 久保自身は10日の練習後に「大丈夫。試合に出る準備はできていますよ」とヤル気満々。

パリ五輪に出場する意向を持っていた久保だが、JFAとソシエダとの折衝の結果、A代表に専念することを受け入れ、気分的にスッキリした上でA代表の試合で好プレーを見せたいと思っている」とは前出のサッカー関係者。すでにW杯2次予選突破を決めているだけに、シリア戦は消化試合だが、復調した久保のプレーは要注目である。

  ◇  ◇  ◇

関連記事【もっと読む】森保監督は胸中複雑…下半身醜聞の伊東純也は仏で圧巻プレーも「代表招集不可」のちぐはぐ も要チェックだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる