ソフトB山川穂高 数字では測れない「4番の価値」…打てない時期もチームの躍進に大貢献

公開日: 更新日:

 ファンも首脳陣も、そして何よりも本人が待ち望んでいた一発がようやく出た。

 2日、東京ドームで行われた古巣の西武戦で、ソフトバンク山川穂高(33)が31試合ぶりとなる13号ソロ弾を左中間スタンドに放り込んだ。打った瞬間にそれとわかる一発。久々の「どすこい!」に満員のファンも声を合わせ、東京ドームが大歓声に包まれた。

 山川の一発は5月22日の楽天戦以来。6月は打率.182、0本塁打、4打点と苦しんでいた。

 そんな山川の復調を示唆していたのが、村松打撃コーチだ。この日の試合前、「以前は体の開きが早かったけど、今はそうでもなくなっている。バットも振れているし、良くなりつつはある」と話していた。

 まさにその言葉通り。ようやく泥沼から脱出したわけだが、長打が出ず、“火薬がしけった大砲”だった時期の山川が無価値だったーーというわけでもない。村松コーチはこうも話していた。

「打てなくても、山川が4番にいることは大きいよ。(3番の)栗原は出塁することに専念できるし、5番の近藤も落ち着いて打てる。山川が4番に座ることで、打線に良い影響がある」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」