月20万ドルで娼婦に…露の元五輪選手が提示された仰天内容

公開日: 更新日:

 見目麗しきロシア人女性が先日、地元メディアに仰天の告白を行った。ドーピング問題で揺れた2016年リオ五輪で、ロシア陸上界から唯一出場を果たした走り幅跳び選手、ダリヤ・クリシナ(29)だ。現役を退いているが、変わらぬ美貌を保ち続けている。

 告白の中で、半年前にある人物から「月20万ドル(約2140万円)で娼婦にならないか」との依頼を受けたという。クリシナはこう返答した。

「私はそういうことに興味を示す人間ではありません」

 すると依頼者は、「私がいくら提示しているのかわかっていますか。月々20万ドルですよ」と念を押してきたという。だがクリシナは、金銭目的で人に裸体を見せることに違和感を覚えるとの理由で断固拒否した。「いくらカネを積まれても」という倫理観が勝ったわけだ。

 外野からは「半年だけでも目をつぶってやったら」という声が聞こえてきそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  5. 5

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る