うつ、心臓病リスク増 コロナストレスに蝕まれる選手たち

公開日: 更新日:

 人間の体は正直だ。

 国際プロサッカー選手会は先月20日、新型コロナウイルスの感染拡大により世界中のプロリーグが中断する中、うつ症状を訴える選手が急増しているとの調査結果を発表した。16カ国・地域の1602人(男子1134人、女子468人)のうち、男子の13%、女子の22%が症状を訴えた。

 試合がないことや契約問題による将来への不安が原因のようだが、それは日本のプロ野球やJリーグの選手も同じ。インターハイが中止になった高校生や夏の甲子園大会の開催が危ぶまれる高校球児も同等のストレスや精神的なショックを受けているに違いない。来夏に延期された東京五輪の代表候補にしても、コロナ禍でイライラが続く毎日を過ごしているはずだ。

 ストレスは自律神経のバランスを崩し、免疫力を低下させる。よって新型コロナウイルスに感染しやすくなるうえ、「ストレスは心臓病の重要な危険因子にもなる」と言うのは、日本循環器病予防学会の元会長で寺田病院(東京)名誉院長の澤井廣量氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る