日大アメフト部にやっぱり晴れない証拠隠滅の疑念 10年前から「部内薬物汚染」の可能性も

公開日: 更新日:

 日大の事件、「ヤク中」は2人だけだったのか──。

 昨年11月下旬、大学側に「大麻と思われるものを7月に吸いました」と自己申告した部員は今回、薬物所持容疑で逮捕された人物とは別で、すでに同大を卒業していることが分かった。

 寮で覚醒剤と大麻を所持したとして逮捕されたアメリカンフットボール部の3年生、北畠成文容疑者(21)は、警視庁の逮捕前の任意捜査に、「大麻を買った際に(覚醒剤を)もらった」と説明。警視庁は、入手経路とともに、2人以外にも薬物を使用していた部員がいないか、調べを進めている。

 押収された覚醒剤と大麻は、室内のベッドに備え付けられた収納ボックスから見つかった。にもかかわらず、捜査員が寮の屋上をくまなく捜索していたのは、屋上が部員たちの「吸引所」になっていた疑いがあるからだ。

「通常、大麻は1人で使用するよりも、複数人で『回しのみ』するケースが多い。吸引後、すぐに仲間に回すほうが、1本を効率良く使い切れるからです。今回、ブツが出てきてから12日間の“空白期間”があった。その間に証拠隠滅、口裏合わせ、クスリを抜くこともできる。もしすぐに警察が尿検査を実施していれば、他の部員から薬物反応が出た可能性もある。『息子が部員仲間に無理やり、吸うよう言われた』と訴えた保護者もいる。切実な思いだったのでしょう。大学側はそういった声を放置していた。保護者の間で使用疑惑がもたれていた部員は北畠ではなかったことから、他にも使用者がいることも考えられます」(捜査事情通)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う